弊社の事業

Finekit は、リアルタイム制御用のハードウェア機器/ソフトウェアの、設計/開発/実装と、小ロットでの作製や試作を行っています。
弊社の技術的基礎は、非常に高い精度とリアルタイム性を要求される電子線描画機の制御系の経験によります。これは、光ディスク原盤の作製で、3∼4 nm (原子間隔の二十個分程) という高精度で、動き続けるステージ上の狙った位置へ、FPGA を用いた制御系で高速/正確にパターン描画する技術の実現により得られたものです。

FPGA ベースの電子回路設計と、アセンブラや C/C++ 言語を用いたファームウェア/上位ソフトウェア開発の組合せによって、小型・省電力で、時間に正確なモータ制御や通信制御を実現します。

コア技術

カスタム FPGA 回路
FPGA 回路を、各用途に合わせて設計することで、バッテリー駆動可能な携帯型機器でも、正確な実時間制御が可能となります。
回路構成を最小、かつ、クロックもインターフェースもカスタムに選べることで、消費電力を最小とし、ポータブルな機器でも長いバッテリー寿命を実現します。
駆動ドライバ等との一体設計
モータやアクチュエータのドライバを一体化して設計することで、産業機器に必要とされる高電圧パワー制御も可能です。
一体化設計により、ノイズ耐性を改善できることで、マシンの高信頼制御を可能とします。
回路からソフトウェアまで一貫設計
PC を併用した高度なシステムでも、電子回路からアプリまで一貫設計することで、OS で生じる制御の時間揺らぎを柔軟に吸収し、高信頼な実時間制御が可能となります。
独自 G-code エンジン、STL ラスタエンジン、Ethernet エンジン
NC 加工やイーサネット通信など、NC 機や制御メカをネット越しに高リアルタイム制御できる、著作権問題のない独自の基本エンジンを、自社で所持しています。
自社内製 NC 機による加工や試作
自社技術を適用した、自在に組替可能な内製 NC 加工機によって、大型品や小規模ロット試作のその場加工を可能とし、即座にハードウェア開発できる体制を整えています。

関連事業

自社製 NC 機を 2 m (メートル) を超える大型品に適用した関連事業として、建築補修を承っています。
建築補修では、多くの場合、古い建築材 (材料・金具) 部品が、メーカ生産終了で入手不可能であることがあり、そういった古い材料を、自社の NC 機で加工し作製することで、既存の建物を可能な限りそのまま生かした補修が可能となります。
本関連事業が、現在最も利益性の高い事業となっております。


Last update Jul 26, 2021

Copyright(c) Finekit Inc., 2021