VMDTMS VMD Retarget PMX Link Corrector Skymaker English


VMD Twist-motion Separator (VMDTMS)  (Freeware)
Windows 95, 98, Me, NT, 2000, XP, Vista, 7, 8, 8.1, 10 (x32,x64)
Miku Miku Dance (MMD) で踊るモデルの手や腕の動きを、表示の荒れや破綻が少なくなる様に、自動変換するツールです。 VMD ファイルを変換します。

(使用法(解説コミック) (ニコニコ静画): http://seiga.nicovideo.jp/comic/16699 (2021 12/30up))
ニコニコ動画(説明): http://www.nicovideo.jp/watch/sm25887049, sm26175773
同 YouTube版: http://www.youtube.com/watch?v=YjyhAjzEO9g
モーメント: https://twitter.com/i/events/1418110829052841997
ツリー: http://commons.nicovideo.jp/tree/sm25887049, sm25913125, sm26175773



 (追加用ツール) learningposePMX
  • (単体版)
    learningposePMX V1.04、learningposepmx104.lzh (110kB)

    モデルの腕角度を PMX ファイルから直接読込むことで、学習できるツールです。
    本ツールの learningposePMX.exe へ PMX ファイルをドラッグ&ドロップするだけで、学習値ファイル (vmdsetup.ini) が生成されます。
    MMD 上で学習用の VMD (腕各部を 45°捩ったもの) を作成する手間が不要になります。
    最新版 VMDTMS ではセット版に含まれています。

    VMDTMS V1.05 以降の全てのバージョン(V1.05-1.20)で使用可能です。
    解凍後、learningposePMX.exe (及び ReadMe) を、VmdTms.exe と同じフォルダ内へコピーしてご使用ください。

    V0.82 読込み可能なテクスチャ、材質、ボーン、モーフ、表示枠、剛体、Joint数の上限を撤廃。
    V0.83 QDEF及び一部PMX2.1機能に対応できていなかった点を修正。
    V1.01 PMXEditor 以外のツール/変換ツールで生成されたと思われるファイルへの対応改善。
    V1.04 バッチファイル(コマンドスクリプト)からの起動に対応、拡張子チェック対応。
    前版: learningposePMX V1.01、learningposepmx101.lzh (103kB)、最新版で不具合があった場合にお試しください。
    (2021 6/27, 6/28 (V0.82), 7/1 (V0.83), 7/6 (V1.01), 2022 7/23 (V1.04))


 V1.20
  • (learningposePMXセット版)
    VMD Twist-motion Separator V1.20f12 (Neural net版)、vmdtms120f12set-learnandtune23.lzh (977kB)
  • (単体版)
    VMD Twist-motion Separator V1.20f12 (Neural net版)、vmdtms120f12-learnandtune23.lzh (871kB)

    腕や手のひらの向きを反映して、ひじが最も自然な曲がり方になるよう、腕~ひじ~手捩りまでを連動して補正する、全腕補正版(最新版)です。
    手首の捩り緩和(相殺)機能もそのまま有効で、従来通り、部分変換「手首~ひじ」/「ひじ~腕」に分けて使用することもできます。
    連動する程、相互のボーンの影響でキーが増えますが、トータルで不具合の少ない変換ができます。

    小型ニューラルネット (いわゆるAI) を搭載し、姿勢推定が高精度化されています。
    「グルーブ」「肩P」「親指0」といったボーンのないモデルで踊らせる場合も、近いボーン (センター・肩/腕・親指1) へ統合して変換し、反映できる、ボーンモーション統合機能が加わりました。(解凍直後はOFFされています)

    捩り統合専用ツール "VmdMix" を含みます。
    初めての方は、セット版のダウンロードをお勧めします。

    V1.20a、360°捩れ検出時のメッセージ修正。
    V1.20e、グルーブ→センター統合機能追加、高精度化。
    V1.20f、肩P→肩/腕、親指0→親指1統合機能追加。
    V1.20f2、複数ファイルドロップ連続変換時の動作修正。
    V1.20f12、スクリプト機能、オプション7個追加。
    前版: V1.20f2、vmdtms120f2set-learnandtune22.lzh (694kB)、最新版で不具合があった場合にお試しください。
    (2022 5/8 (V1.20/set), 5/15 (V1.20a/set), 6/14 (V1.20e/set), 6/17 (V1.20f/set), 6/18 (V1.20f2/set), 7/23 (V1.20f12/set))


 V1.16 互換版
  • VMD Twist-motion Separator V1.16互換版セット、vmdtms120f12set-compati116.lzh (977kB)

    長袖モデル用の V1.16 互換動作版です。
    袖の中で、腕がカラ回りすることで、袖自体はあまり捩れなくなる事を模擬して変換します。
    腕の捩りを少なく抑え、肩や肘部の負担を減らしたい場合に適しています。

    SLV2 (モード2)設定となっていて、V1.16alpha2 と同じ動作をします。
    微調整で、手捩り/腕捩りへの配分比調節 (-kSLV) が可能です。
    解凍後は、-kSLV=0.6 になっています。
    モデルの肩周り/腕周りに合わせて -kSLV=0.3~0.8 で調整してご使用ください。

    「 modsetup.ini 」ファイルの内容が異なっていること以外は、V1.20f12 版セットと同一です。
    (2022 3/26 (V1.17), 5/8 (V1.20), 5/15 (V1.20a), 6/14 (V1.20e), 6/17 (V1.20f), 6/18 (V1.20f2), 7/23 (V1.20f12))


 V1.10 互換版
 V1.20 Unity 製 VMD プレイヤー用 長袖モデル変換 (V1.20臨時版)
  • VMD Twist-motion Separator Unity 製 VMD プレイヤー用変換セット V1.20f12、vmdtms120f12-longsleeve-vrm.lzh (322kB)

    VRM Live Viewer (Fantomさん) に代表される、UnityVMDPlayer (hobosoreさん) 使用の Unity 製 VMD プレイヤー(アプリ)で、 モデルが MMD と同じ動きで踊りやすいよう、腕部モーションを変換するツールです。
    ( VRMLiveViewer 3.3~3.4 をリファレンスとして最適化。臨時版です。)

    VMD ファイルを VmdTms.exe へドロップして起動。

    MMD に比べ、Unity 用モデルでは捩りボーンが使えないため、変換がやや厳しくなる場合があります。 原理的なハードルのため、ご了承ください。
    UnityVMDPlayer のデフォルト設定 (腕角度30°) で使用する場合、学習は不要です。
    (肩P は MMD でもモデルごとに実装が異なるため、理想的な場合として、純粋な加算・減算で再現します。)
    (親指0は、VRM Live Viewer の対応機能をそのまま使用する設定です。(他プレーヤ使用時は modsetup.ini 書換え推奨))

    V1.20a2版、捩れ分配比の初期設定値 -kSLV0.6 へ変更。
    V1.20e版、グルーブ・センター統合機能追加。
    V1.20f版、肩P→肩/腕 統合(反映)機能追加。
    V1.20f2版、複数ファイルドロップ一括変換時動作修正。
    V1.20f12版、スクリプト機能、オプション7個追加。
    実験版(2): V1.20f11版、vmdtms120f11expt-longsleeve-vrm.lzh (320kB)、使い方は同じですが、接地感が変わります。
    前版: V1.20f2版、vmdtms120f2-longsleeve-vrm.lzh (228kB)、最新版で不具合があった場合にお試しください。
    (2022 5/6 (V1.18), 5/8 (V1.20), 5/15, 5/16 (V1.20a), 6/14 (V1.20e), 6/17 (V1.20f), 6/18 (V1.20f2), 7/23 (V1.20f12))



 学習方法 (V1.05-1.20共通)
  (VMDファイルのボーン回転は、モデル腕角度(PMX/PMD)を基準とするため、必ず「学習」による補正が必要です。)
  (※「Unity 製 VMD プレイヤー用長袖モデル変換」のみ例外で、デフォルト腕角度は vmdsetup.ini 中に設定済で、学習不要です。)

  • (learningposePMX が使える場合 (PMXモデル))
    モデルの PMX ファイルを「 learningposePMX.exe 」へドロップするだけで学習が完了します。
    (予め、learningposePMX.exe が VmdTms.exe と同フォルダ内に置かれてることが必要です。)

  • (learningposePMX が使えない場合 (PMDモデル等))
    MMD へモデルを読込み、「腕捩」「手捩」の各捩りボーンを捩った VMD ファイルを作り、
    出来た VMD ファイルを「 learningposeVMD.exe 」へドロップすることで学習します。

    「左腕捩」「左手捩」「右腕捩」「右手捩」の4つの捩りボーンを、
    各 30〜45°程回転して (例:上記画面の状態:「角度」表示 →「登録」)
    フレーム登録点 (4点:赤) が含まれた状態で VMD ファイルとして保存し (ファイル(F) > モーションデータ保存(L))
    できた VMD ファイルを learningposeVMD.exe へ読み込ませます。

ライセンスについて

 旧配布ページ(~2021)では、(1) HTTPS 対応していなかった、 (2) フリーホームページ/DLサイトと区別がつきにくく、ページ説明が読まれないまま帰られるユーザの方が多かった、 等の事例があったため、現在の co.jp アドレスへ移行致しました。
 しかし、MMD コミュニティを長く守ってきた商用利用制限の境界へ近づくこととなり、ライセンス順守のための弊社方針とサポート状態について、 ユーザの皆様にご周知いただく必要が生じました。ユーザの皆様には、本ページのソフト使用について、以下のガイドラインをご了承ください。

  • VMDTMS の使用ライセンスは、MMD 本体と同じで、著作権と免責事項のみです。
    (MMD をリスペクトし、ほぼ同じライセンス条件にしています。)
    (商用利用への制限はありません。引用記載は必須ではなく、自由です。)
    (※ユーザ(要望)の多い機能から先に実装していますので、引用は把握でき助かります。)
    (引用記載によって、モーション全部を変換したと宣言するものではありません。)
    (※変換後にモデルに合わせて手修正される方、一部ポーズ修正のみに使用される方も多くいらっしゃいます。)
    (※本ツールは、モーションの著作権に影響を与えるものではありません。)
    (以上の条件は、V1.04(初版)より変わっておりません。今後も変更予定はありません。)
  • learningposePMX の使用ライセンスも、ソフト本体は著作権と免責事項のみですが、
    PMX フォーマットを扱うため、PMX フォーマットのライセンス制限を受けます。
    (注:「PMXエディタの使用」と「PMXフォーマットの利用」は、ライセンス条件が異なります。)
    (「アプリケーションなどでのフォーマットの利用については、非営利であれば自己責任において自由」(PMXエディタV2.20c Libフォルダ内 PMX仕様) の条件に従い、本サイトにて非営利配布することで著作者側条件をクリアしております。)
    (常に最新の PMX 規約が適用されるため、最新規約をご確認ください。)
    (使用者側には、PMX 日本語規約内容の正しい把握が求められております。)
  • ライセンス条件の安全なクリアのため、著作者側では、(PMXモデルを使用した) MMD 動画作成と PMX Editor 使用を控えております。
    (個別モデルでの確認等について、サポートできる範囲に限りがあります。ご了承ください。)
  • 初出: 2015/3/26 (V1.04)


VMD Retarget  (Freeware)
Windows 95, 98, Me, NT, 2000, XP, Vista, 7, 8, 8.1, 10 (x32,x64)
モデルのボーン角度差の分、VMD モーションを補正するツールです。
VMDTMS ユーザの方のために作ったツールです。
先行する類似ツールとして VMD Sizing がありますが (PMX→PMX)、PMX だけでなく VRM モデルとの間 (PMX→VRM) (VRM→VRM) (VRM→PMX) で相互に補正ができるよう設計したものです。
VRM を使用する VMD プレーヤで、より高い再現度で MMD のモーションを再現したり、VRM モデル上で編集した VMD を他環境へ移せることを想定して設計しています。
手捩・腕捩については、最低限の簡易変換(「捩り分離」のみ)となっています。腕全体での補正を必要とする場合は、変換後に VMDTMS をご使用ください。
VRM 用変換時、VRM モデルの腕角度は標準で「30度」と仮定されます。(オプションで変更可(V1.20f12))
 VMD Retarget V1.20f12
  • (一般変換用:標準版)
    VMD Retarget V1.20f12 標準版、vmdretarget120f12.lzh (730kB)
  • (VRM Live Viewer 3.3~3.4用)
    VMD Retarget V1.20f12 for VRM Live Viewer、vmdretarget120f12set-vrmliveviewer.lzh (730kB)

    標準版と VRM Live Viewer 版があります。
    ・標準版は PMX 間/VRM 間の補正などの一般の変換用です。
    ・VRM Live Viewer 版は、VRM Live Viewer 3.3~3.4 に合わせて設定済のセットです。
     (「modsetup.ini」ファイルの内容が異なっていること以外は、同一です。)

    先に、変換モデル (PMX/VRM)(VMD作者の方が使用されたモデル) を learningSourcePMX/VRM (変換元用) へ、
    変換モデル (PMX/VRM)(これから動画作成で使用するモデル) を learningTargetPMX/VRM (変換先用) へドロップして、ボーン情報を学習してください。
    学習後に、変換したい VMD ファイルを VmdRetarget へドロップしてください。

    変換後の VMD ファイルは、別名で("-ret"がついて)自動保存されます。
    VRM Live Viewer へ使用する場合は、変換後に別セット「VMDプレイヤー用長袖モデル変換」で、さらに変換してください。

    現在、「腕」「腕捩」「ひじ」「手捩」「手首」「足」「ひざ」「足首」と、
    「親指」「人指」「中指」「薬指」「小指」の全指ボーンの変換に対応。 PMX-PMX 間は「肩」の変換にも対応。

    V1.20f5、捩り分離用軸計算のバグ修正、肩ボーンの PMX-PMX 間補正機能追加。
    V1.20f6、手指の全ボーンの補正機能追加。モデル名未設定の VRM ファイルへ対応。
    V1.20f7、標準設定の変更。
    V1.20f12、スクリプト機能追加、表示メッセージ修正。
    スクリプト機能単独版: VMD Retarget V1.20f11 for macro users、vmdretarget120f11set-macroonly.lzh (294kB)、モーフ補正のみ使用の方向け。
    前版: VMD Retarget V1.20f7、vmdretarget120f7.lzh (730kB)、最新版で不具合があった場合にお試しください。
    前版: VMD Retarget V1.20f7 for VRM Live Viewer、vmdretarget120f7set-vrmliveviewer33.lzh (730kB)、最新版で不具合があった場合にお試しください。
    (2022 6/30 (V1.20f4初版), 7/2 (V1.20f5), 7/6 (V1.20f6), 7/7 (V1.20f7), 7/10 (V1.20f8), 7/12 (V1.20f11), 8/2 (V1.20f12))


srcpose.ini および trgpose.ini の配布について

 srcpose.ini と trgpose.ini は、VMD Rearget で学習時に生成される、モデル (VRM/PMX) の主要ボーン情報を抽出したファイルです。
 これらのファイルを VMDRearget フォルダ内へコピーすると、モデルを学習操作完了したのと同じ効果があります。 (srcpose.ini と trgpose.ini は名前だけが違っていて、中身は完全に同一です。)

 モデルファイルそのもの (VRM/PMX) が無くても、srcpose.ini と trgpose.ini があれば、VMD Retarget が使用可能です。
 例えば、VRoid Hub では、モデルファイル(VRM)をダウンロードせずに共有できますが、その場合 VRM ファイルそのものがユーザの手元に残らないため、学習ができません。その場合でも、代わりに srcpose.ini や trgpose.ini があれば、VMD Retarget が使用できます。

 そこで、srcpose.ini や trgpose.ini をより自由に配布して頂けるよう、 以下をガイドラインとさせて頂きます。

  • モデル作者の方自身(※)が srcpose.ini や trgpose.ini を生成・配布する場合、配布形態/使用形態をそのモデル作者の方自身が決め、自由に配布して頂いて構いません。

  • モデル作者の方自身(※)が srcpose.ini や trgpose.ini の「第三者による配布」を書面によって許可する場合、配布形態/使用形態をモデル作者の方自身が (適法な範囲で) 自由に決めて頂いて構いません。

    (※モデル作者の方が、そのモデルの正当な著作権を有する権利者本人であることが必要です。)
    (また、モデルの正当な著作権を有する権利者本人は、モデル作者と同じとみなします。)
    (上記は、モデルが VRoid で生成された VRM ファイルである場合を含みます。)
    (書面には、添付ドキュメント等の電子的な手段によるものを含みます。)
    (商用利用への制限はありません。)
    (配布時に、著作権表記は不要ですが、ドキュメントを添付する場合、VMD Retarget で使用するものである旨記載をお願いします。)
    (ファイル名は、srcpose.ini や trgpose.ini から適宜、それと分かるような範囲で、変更してかまいません。)

  • 上記のどちらかが行われた時点で、弊社(及びVMD Retarget作者)は、当該 srcpose.ini と trgpose.ini ファイルの配布/使用(実施)にかかわる著作権権利を、そのモデル作者の方へ移譲致します。
    (移譲は自動的に行われるものとします。弊社への確認は必要ありません。)

 以上は、VRM モデル、PMX モデルについて共通です。
(2022 7/23、8/3)


PMX Link Corrector  (Freeware)
Windows 95, 98, Me, NT, 2000, XP, Vista, 7, 8, 8.1, 10 (x32,x64)
テクスチャの外れた PMX ファイルを修正する、シンプルなツールです。
MMD 上で真っ白な(又は一部白い)表示になってしまったモデル(PMX)の、手軽な修正に使えます。
また、テクスチャ(スフィア・トゥーン)格納フォルダを移動した際のリンク一括修正や、モデル配布前のリンク切れチェックにも使えます。
 PMX Link Corrector V0.90a (alpha版)
  • PMX Link Corrector V0.90a、pmxlinkcorr090a.lzh (110kB)

    PMX ファイルをドロップして起動します。(複数 Drag-and-Drop 可)
    テクスチャ(スフィア)へのリンクの破損個所が見つかった場合は、ダイアログが表示されます。
    正しいテクスチャ(スフィア)ファイルを選ぶことで、リンクが修正されます。
    修正後の PMX ファイルは、別名で("-new"がついて)自動保存されます。

    現在、英文字、日本語かな(カナ)・漢字コードのみに対応。α版です。
    (2022 2/27 (V0.90), 3/4 (V0.90a))


Skymaker  (Freeware)
Windows 95, 98, Me, NT, 2000, XP, Vista, 7, 8, 8.1, 10 (x32,x64)
スクリプト制御式の画像処理ツールです。
OS とは独立した内部エンジンで画像処理し、OS によらず透明度付画像
(32bit BMP/PSD/PNG)や 5000 pixel 以上の大型画像を扱えます。

PNG/JPEG/PSD/BMP/無圧縮AVI対応。GIF/TGA読込可。AVI/GIF/PSDレイヤー(フレーム)抽出可。
TTF/OTFフォントや透視投影のラスタライザを内蔵し、ベクターマッピング処理によって、
回転/拡大縮小/移動を繰返しても、画像劣化最小で合成できる特徴があります。
マウス/キーボード/ファイルドロップ等の操作に反応した処理も組込可。

 V2.64a16 実行ファイルアップデートセット
  • Skymaker V2.64a16 Update Set、sky264exeupdate16.lzh (7647kB)
    実行ファイルの差替用のアップデートセットです。
    以前の全バージョン(V1.58-2.64)の上位互換で使用可能です。
    Mac/Linux で利用可能な Wine 版(3.0以降用)が含まれます。
    ビュアースクリプトがセットになっており、そのまま画像ビュアーとして使用できます。
    (セキュリティソフトに Norton をご使用の方は、次の a10 版をご利用ください。)
    (2020 7/17)

 V2.64a10 実行ファイルアップデートセット
 関連ページ: (透明度付BMPフォーマット page 1page 2)

Last update 2022.8.2

Copyright(c) F.Issiki, 2015, 2022